スポンサーリンク

チャバタのレシピ 捏ねずに簡単!もちもちチャバタの作り方

パン

みなさんこんにちは、てらパンです。

 

今回はチャバタを作っていきたいと思います。

スポンサーリンク

チャバタとは

小麦粉、水、塩、酵母、オリーブオイルから作られたイタリアの白パンで、フランスのバゲットの人気に応えて、イタリアのベネト州ロヴィーゴ県アドリアのパン屋によって1982年に作られたものです。

チョコが入ったもの、菜の花なんかも入れても美味しそうですが、今回はリーンでシンプル普通のチャバタです。ぜひご覧ください。

チャバタ 材料

(g)
キタノカオリ         200
塩              4
インスタントドライイースト  0.8
モルト              0.8
水              200

チャバタ 作り方

a.粉をふるいにかける。
・粉をふるうことによって毛細管現象が起こり、水の吸水性があがります。

b.イーストを粉に混ぜ込みます。

c.水にモルトを溶かしておく。
・モルトは水と1:1で割ってモルト水を作っておくと利便性が上がります。

d.粉に塩を加えて、水を加える。

e.手もしくはカードを使って粉気がなくなるまで切るようにさっくりさっくり混ぜる。
・決してネチネチ捏ねないようにしてください。

f.20分休ませてからパンチをする。
・生地の中心から端を引っ張り上げ膜を薄く伸ばしていくようなパンチを一周おこないます。

g.もう一度20分休ませてパンチをする。

h.パンチが終わったらそのまま28度で約90分最終発酵させる。

i.手粉をたくさん振り、台の上に出し、正方形に広げます。

j.生地の右端を中心まで折り畳み、左端も中心まで折り畳む。

k.同様に上端と下端も中心まで折り畳み、最後に全体をクルンと返し綺麗な面を上にする。

l.粉をまぶしながら4等分し天板に乗せる。

m.250度にオーブンを予熱する(しておく)。
・東芝石窯ドームをお持ちでしたら上の段に1枚天板を入れ加熱水蒸で250度で予熱する。

n.予熱が完了したら斜めにクープを入れオーブンで焼く。

o.230度に下げ10分、220度に下げ20分焼く。焼き加減はその都度調整する。
・東芝石窯ドームは10分焼いた時点で普通オーブンに切り替え残り20分焼いてください。

チャバタ まとめ

…いかがでしたでしょうか。
今回は水が100%と多く入っています。
ポイントとしてはべたつきやすいので成型の際手粉を多めにふってください。
仕込みでは捏ねずにさっくりさっくりと切り合わせていくイメージです。

そこまで全体的に時間もかからないのでぜひチャレンジしていただきたいです。
チャバタでサンドイッチなんかも素敵ですよね。

それでは今回はこの辺で。
美味しいパンが焼けますように。

↓↓↓筆者も愛用する製菓製パンの材料、道具のネットショップです。パン屋でも使うことがあるほど優れたお店です。↓↓↓

プロも愛用するこだわりの小麦粉100種類以上!パン・お菓子作りの材料専門店
TOMIZ(富澤商店)



毎日セール開催中!製菓・製パン材料がお得な【cotta】



フォカッチャの作り方はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました